FC2ブログ

『桜の塔』初回感想

◆第1話…………………………………………★★☆☆☆☆☆☆☆☆(星2.2)
 “桜”に“塔”が使われたタイトルから警察組織の権力闘争が描かれそうなことが読め、警察の組織の話は嫌いではないこと、そして、なかなか豪華なキャストが集まっていることから少し気になっていたのですが、一方でテレ朝系ということで、オスカーの女優が黒い革の手帖を持ったクラブのママの演じた作品のような雰囲気になることをへの恐れもあった作品の初回を見てみることにしました。
 
 タイトルからも想像されたように警視庁組織には主人公・上條漣(玉木宏)が属する刑事部、警務部、警備部らキャリア達の権力闘争、縄張り争い、主導権争いが存在し、そんなキャリア達を迷惑に感じている水樹爽(広末涼子)ら現場の刑事達の感情などは、かつて警察組織を「会社」に例えた刑事ドラマからさらに進み、「倍返し」する銀行マンが活躍する作品のようにも感じ、「面白い」という感覚と「やり過ぎ」といった感覚が入り交じり、複雑な思でした。
 そんなキャリア達の闘争に、漣の父で警察官でもあり、自ら命を絶った勇仁(岡部たかし)の死の真相を漣が追っていることが関係し、権力闘争に明け暮れるキャリア達を、勇仁が自ら命を絶たなければならなかった真相を追う漣が裁く、といったことになって行きそうだと想像しました。

 山崎豊子、松本清張作品、それに脚本が武藤将吾で一部のキャストも被っていることから『3年A組』や『ニッポンノワール』などをミックスしてガラガラポンとしたらこんな感じになった、そんな風に思ったりしました。

 悪くはありませんでした。しかし、日テレ系で『3年A組』や『ニッポンノワール』と同じ世界の作品として作られていたらもっと興味を持てたのだろうな、と思いました。
 『レンアイ漫画家』を断念しましたので木曜日は余裕があるのですが、期待を上回るほどの満足感は得られませんでしたので、こちらも視聴は続けたとしても感想は初回のみにしておこうと思います。


 余談1。広末涼子と椎名桔平で上で挙げた日テレ武藤将吾脚本の2作、岡田健史と橋本じゅんで『MIU404』、仲里依紗に片山修演出で『黒革の手帖』、警察官だった父の死の真相を追うとしたら『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』などなど、いろんなひとの組み合わせや内容からさまざまな作品を思い出しました。

 余談2。稲垣来泉、しばらく女性主人公、ヒロインの幼少期を独占しそうな勢いですな。

 
 超余談。蒲生兼人(森崎ウィン)が3Dプリンターで作った銃を「改造銃」と呼んでいましたが、「密造銃」と呼称する方が良かったのではないか? なんて細かいところに引っかかってしまいました。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

関連記事
スポンサーサイト



コメント

悪くはなかったですね

主人公、アル中ですな。

人質立てこもり事件が起こっているのに
SITだのSATだのの出動許可で、あれだけふざけたことをされたら腹たちますなぁ

森崎ウィンも良かったです

『ニッポンノワール』に広末が出ていたことをすっかり忘れておりましたw
賀来賢人だけ鮮明に覚えております。

>自ら命を絶った勇仁(岡部たかし)
何があったんでしょうね

>「改造銃」
たしかに。改造だと普通の拳銃をベースに手を加えた感じがしますね
警察独特の呼び方なのでしょうかね

Re: 悪くはなかったですね


勅使河原さん、コメントありがとうございます。

>主人公、アル中ですな。
漣、全然酔っ払っているように見えませんでしたね。強いのですかね?

『踊る大捜査線』では警察庁と警視庁(本店)や、警視庁と所轄署(支店)、キャリアとノンキャリの関係を描きましたが、この作品ではキャリアとノンキャリもあったものの警視庁の警務部・警備部・刑事部の部局の関係がベースで、刑事超内部に限定されてはいるものの、細かく複雑で、この3つの部局が微妙なバランスであることを理解出来たひとは少なかったのでは? と思ったりもしました。

“塔”とあるので一部の山崎豊子作品の主人公のようにギラギラとした主人公が上を目指す物語も想像していたのですが、墓に向かってつぶやいた言葉を聞くと、漣は父のようにはならないと口にはしているものの勇仁の死の真相を明らかにするために上を目指しているようにも思えましたので、『3年A組』や『ニッポンノワール』のような謎を追っていく物語とも想像させました。どんなことになるのですかねぇ?

改造銃と密造銃、言葉としてはあまり密造銃とは使わないと思いますが、改造銃と言うと勅使河原さんが書いてくださったイメージになると思うので、3Dプリンターでゼロから作った銃に対して「改造」というのに引っかかってしまいました。

『レンアイ漫画家』より個人的嗜好に合いそうでしたが、前のめりになるほどの初回でもありませんでした。視聴は続けるかも知れませんが、感想は断念します。

それでは、また。O

理解してませんでした

>警視庁の警務部・警備部・刑事部の部局の関係がベースで 〜 この3つの部局が微妙なバランスであることを理解出来たひとは少なかったのでは?

まっっったく理解しておりませんでした!

東大派閥と薩摩派と言っていたのだけ覚えてます。
まあ、3派がせめぎあっているのはトップが三人いたのでわかりましたが…

警務部→管理(ネットによると人事や経理)
警備部→公安・機動隊
刑事部はいわゆる刑事ドラマのところですね

Re: 理解してませんでした

勅使河原さん、コメントありがとうございます。

警務部・警備部・刑事部の部局の関係、ちょっと分かり辛く、伝わりにくかったかも知れませんね。3つの部局の縄張り争い、権力闘争、次の警視総監の椅子を巡る争いなどを前面に出せば山崎豊子っぽくも出来そうですが、漣の父・勇仁の死の謎の方が強ければ違った印象になりそうなので、3つの部局の関係というよりも、勇仁の死でどんな役割を果たしたのか? になるのかも知れませんな。

警察、警視庁のいろんな部局、部署の役割などを調べると刑事ドラマをまた少し違った視点で見ることも出来て面白いですよね。そういった警察組織の権力闘争なども嫌いではありませんので、そこをを前面に出した内容でもいい気もしますが果たして?

それでは、また。O
非公開コメント

プロフィール

O

Author:O
はじめまして。
YAHOO!ブログのサービス終了にともない引っ越して参りました。
よろしくお願い申し上げます。

・旧YAHOO!ブログ名
『モニタカルチャー研究所』
https://blogs.yahoo.co.jp/rc31jp

※19/8/27以前の記事はYAHOO!ブログ時のものですので、リンク等が正しく表示されない場合がありますことをご了承ください。

管理人:O

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

FC2カウンター

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR