fc2ブログ

『魔法のリノベ』初回感想

◆第1話…………………………………………★★☆☆☆☆☆☆☆☆(星2.3)
 星崎真紀の原作漫画を見たことがなく、題材の家のリフォーム、リノベーションにも特に興味はなかったのですが、主演の波瑠と、ここのところの勢いが目覚ましい間宮祥太朗のメインキャストのふたり、そして、瑠東東一郎がどのような演出をするのか? が気になり、月9よりも期待してスタートを待っていました。

 そして、迎えた初回は大手リノベーション企業(?)「グローバルステラDホーム」で働いていた主人公・真行寺小梅(波瑠)が、脱サラして家業の営業を手伝い始めたものの、結果を出せない長男・福山玄之介(間宮祥太朗)も働く「ふくまる工務店」の社長・福山蔵之介(遠藤憲一)と趣味の山登りで意気投合し、転職して来るところからスタート。
 蔵之介の指示でコンビを組んだ小梅と玄之介が、リノベを依頼して来た西崎万智(中山美穂)・和則(寺脇康文)夫妻の要望に応えるプランを考える様子を見せつつ福山竜之介(吉野北人)、小出誠二(近藤芳正)、越後寿太郎(本多力)ら従業員の簡単な紹介とふくまる工務店の説明、小梅がグローバルステラを辞めた理由、玄之介がバツ2で子持ちになった経緯などを見せました

 そんな初回の内容は、依頼者の西崎夫妻の結末は想定内で驚きはなかったものの心温まるもので良かったですし(エンディングでリノベ後に西崎夫妻が娘夫婦(?)呼んで楽しんでいる映像も良かった)、ストーリーをちゃんと感じさせつつ、瑠東東一郎らしい笑える演出も随所で感じさせ、波瑠のコミカルな演技も見ることが出来、満足させてもらいました。

 今後は初回のようにゲストのリノベ依頼を見せながら小梅と玄之介の関係の行方や、小梅の元彼・久保寺彰(金子大地)が公私ともに絡んで来たり、小梅の元上司でもあり、久保寺の上司の有川拓(原田泰造)がラスボスとして小梅と玄之介、ふくまる工務店に立ちはだかる、なんて展開・内容を想像しましたが、作品的には波瑠の演技も含めた瑠東東一郎演出らしく、コミカルな雰囲気で楽しめそうでした。結末は良かったので、あとは、リノベ部分でもう少し学べたらいいかな? と思います。

 というワケで、展開・内容的にはなんとなく想像出来てしまいそうですが、こちらはしばらく見てみようと思っています。
 
 
 余談1。ちょっと抑え気味にも感じましたが、場面転換時の手ブレスローモーションのカットや玄之介の心の声の見せ方など、瑠東東一郎演出らしさは十分に感じられました。
 脚本の上田誠や本多力、永野宗典ら関係のあるヨーロッパ企画の面々、『おっさんずラブ』の役を思い出させた金子大地も含め、過去の作品に参加しているひとがいることにも瑠東東一郎の影響を感じます。
 次回のゲストも関係のある水野美紀ですし、その後もつながりのあるひとの出演を期待してしまいます。

 余談2。久保寺と対面した時の苛立ち(?)を玄之介にぶつけたり、小出と越後を叱る小梅には笑わせてもらいました。やはり、波瑠のコミカルな演技はイイです。
 一方、蔵之介に自分だけキツく当たられたり、息子・進之介(岩川晴)にあしらわれたりした玄之介もオモシロかったです。間宮祥太朗は幅が広くて良いですな。

 余談3。有川、久保寺ら部下に対してモラハラ気味な態度を取っていたように見えましたが、小梅の退職に関わっていたりするのですかね? 小梅は玄之介に久保寺との関係がこじれたからと説明していましたが、在籍時に有川は小梅にもモラハラ気味なことを言っていましたし、退職後もプレッシャーを掛けようとしたとも思える電話もしていたので気になりました。
 部下達に迫る有川の顔は恐かったですが、蔵之介も恐いですし、対決することになったらオモシロそうです(笑)。



にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村

人気ブログランキング
関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: 面白かったです

勅使河原さん、コメントありがとうございます。

>全体の軽快さもこのくらいがちょうどいいと思いました。
そうでしたねぇ。近頃は集中力が必要だったり、考察しなければならなかったりする作品が多いですから、この作品はまさに「丁度いい」といった印象でしたね。
個人的には初回は『おっさんずラブ』くらいでしたので、瑠東東一郎には『浦安鉄筋家族』はやり過ぎとして、『極主夫道』くらいは遊んで欲しい気がしました。

>小梅、ヤリ手ですね
>入社早々のテンションはさすがだと思いました。
西崎夫妻との最初の打ち合わせ時の観察眼も鋭かったですし、橋詰(加治将樹)と東村(永野宗典)の職人の懐に飛び込むのも凄かったですね。
さらに、工務店のHPもひとりで手直し出来ちゃいますし、小梅に任せておけば安泰な気がしますな(笑)。

西崎夫妻、確かに、よく話し合っておけば済む話でしたね。
夫・和則は察しが悪かったですし、万智も乗り気ではないのを態度や予算で遠回しに伝えようとせず、ハッキリと言えば良かったですな。
>もっと元の座敷の雰囲気を残すかと思いました。
かなり変わっていましたね。ただ、月見が出来る縁側が残ったのが良かったですな。

有川、イヤ~な感じでしたねぇ。
リフォーム、リノベーション業者と言えば良くない噂も聞きますし、売り上げ的にも小梅のように依頼者に寄り添うようなやり方が気に入らなかったのかも知れません。
>(正直不動産のミネルヴァ社みたいですね)
あの社長ほど露骨ではないかも知れませんが、似たような人物なのかも知れませんね。

>小梅の友人役の子、SUMIREちゃんてCHARAと浅野くんの娘さんなんですね
>もう27歳て、マジかw
ふたりの娘だったのですか。知りませんでした。小梅との会話はちょっと聞き取りにくかったです。
そんな彼女、『群青領域』でも見ていたのですが「どこかで見たなぁ」とは思いつつ、調べませんでした。

軽い気持ちで見ることが出来て、それなりに楽しめそうでしたね。
依頼者の内容次第では感動も狙えそうですし、リノベ部分でも満足させてくれればいいですね。

それでは、また。O

面白かったです

全体の軽快さもこのくらいがちょうどいいと思いました。

小梅、ヤリ手ですね
入社早々のテンションはさすがだと思いました。

西崎夫妻は最初からちゃんと話し合っておけよと思いました。
奥さんがご両親から相続した家なら、正直に主張したら良かったのに。
最終的には想像よりかなりリノベされていました。
もっと元の座敷の雰囲気を残すかと思いました。

最後にアフター(と生活してる家族)を見せるのはいいですね!


有川、会社の業績だけじゃなく
小梅に私怨でもあるのでしょうか?
社員もピリついてますよね…
(正直不動産のミネルヴァ社みたいですね)


小梅の友人役の子、SUMIREちゃんてCHARAと浅野くんの娘さんなんですね
もう27歳て、マジかw
非公開コメント

プロフィール

O

Author:O
はじめまして。
YAHOO!ブログのサービス終了にともない引っ越して参りました。
よろしくお願い申し上げます。

・旧YAHOO!ブログ名
『モニタカルチャー研究所』
https://blogs.yahoo.co.jp/rc31jp

※19/8/27以前の記事はYAHOO!ブログ時のものですので、リンク等が正しく表示されない場合がありますことをご了承ください。

管理人:O

カレンダー

08 | 2022/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

カテゴリ

月別アーカイブ

全記事表示リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR